社名の由来
ORIGIN

三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社として新たなスタート

2016年4月1日より菱電工機エンジニアリング株式会社(RKE)から三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社(MMEG)に社名を変更して新たなスタートを切りました。 これからも社員全員が一致団結して、さらなる『お客様起点』のサービスを提供してまいります。

社名変更の概要

会社名

三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社
Mitsubishi Electric Mechatronics Engineering Corporation

会社略称

MMEG(エム・エム・イー・ジー)

会社ロゴ

<会社ロゴデザインコンセプト>
最初の「M」は三菱電機のイメージカラーである赤色の採用とサイズを大きくすることで、三菱電機のもとでの一体感を強調している。字体を斜体にすることで躍動感を与えると共に、精巧な技術力を表現。

MMEGロゴ

コーポレートステートメント

<CSコンセプト>
お客様の「ものづくり」の導入から延命、更新期までをサポートする全方位のサービスを展開。

solution 360°

三菱電機ブランドで総合的なソリューションを提供

背景と狙い

三菱電機は、放電加工機・レーザ加工機・CNC数値制御装置などの産業メカトロニクス製品の開発・製造・販売を手掛けており、アフターサービスや加工技術提案、消耗部品などの販売はMMEGが展開してきました。
近年、お客様の生産設備ライフサイクルにおける幅広いニーズへの対応や、e-F@ctoryなどのITを活用したソリューション提案・提供が求められています。三菱電機とMMEGが一体となることで、開発・製造から導入・更新にいたるまで、同一の三菱電機ブランドで総合的なソリューション提案・提供を展開することが出来ます。
例えば、レーザ加工機・放電加工機の稼働状況や不具合情報をリアルタイムに遠隔で監視・調査することで迅速かつ正確なデータ収集・分析に繋げるなど、サービスの付加価値向上により、お客様の満足度向上を図ります。

e-Factory

e-F@ctory 三菱電機が推進する工場見える化ソリューション

ものづくりの開発・生産・保守の全般にわたるトータルコスト削減を目指し、センサー技術・データ通信・データ解析などを利用して、設備稼働の見える化や効率化を図るソリューション提案。

MITSUBISHI ELECTRIC × MMEG

開発・製造からアフターサービス・サポートまでを統一ブランドで提供
ソリューション提案コンセプトであるe-F@ctory戦略を推進

  • 三菱電機と一体となった総合的ソリューション提案による「競争力強化」
  • 三菱電機ブランド化による「安心感の提供」「信頼度の向上」
  • 企業イメージ・プレゼンス向上を通じた提案力の高い「技術者の増強」

三菱電機ブランド化により今後強化する施策

事業面

三菱電機ブランド化による「サービス付加価値の向上」「お客様満足度の向上」「事業規模の拡大」

1. e-F@ctoryの戦略強化

  • 【加工機】予防保全/遠隔監視・リモートサービスなどのソリューション提案/加工条件クラウド化/データ自動更新
  • 【NC】NC・機械一体のアフターサービス/予防保全などのソリューション提案(リモートサービス・遠隔監視)
  • 【自動化】システムソリューション(加工機周辺装置など)

2. 独自ブランド戦略

  • 消耗品アイテム開発販売拡大
  • 周辺機器サービスの取り込み
  • リニューアル事業拡大

3. 管理面

遵法・企業理念・輸出管理・安全衛生活動の一層の強化
      

会社案内ダウンロード

MMEGの会社案内(PDF形式)をダウンロードすることができます。PDF形式のファイルを開くためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

             

採用情報

優れた人材、卓越した技術、新たな創造。
それがMMEGの原点です。

   お問い合わせ
(電話・メール)